就職活動の出来事

一年ぶりぐらいのブログです。

そろそろ就職活動も中盤戦かなーということで、近況報告です。

 

就職活動やり直しを始めました。

 

っと言っても、縁があったり自身の成長が見込める企業様は一応保留させていただいてます(誰目線)

 

3月に就職情報が解禁されて、やっと重い腰を上げて就職活動を始めましたが、ここまで来るのにすごい長かったなと…

今回のアジェンダはこんな感じです。

 

 

就職活動のフィールド

僕の周りの人はほとんど知っていると思いますが、ずっと上京して就職活動しています。

生まれも育ちも高知県である自分が、なぜ上京を決意したのか。

それは最先端で最新で革新的な事業/商品に関わることができると考えたからです。

 

f:id:xxxInsomniaxxx:20190520180837j:plain

 

今年2月にあった地域協働学部の学習成果報告会「地域協働2018年度の歩み」のコンテンツの一つ、『トークセッション』の登壇の際にお話させて頂いたと思うのですが、デザインの可能性に挑戦したいと思っています。

そのためには、高知を出て挑戦機会の溢れる東京で、もっとデザインの実務経験とキャリアを積み、世界でも戦えるような人材になりたいと思っているのが本音です。

 

デザインは、”見た目”と解釈されるのが一般的だと思いますが、僕が考えるデザインはもっと広義的なものです。とても簡単に言うと、「未来創造に向けた価値創出」ではないかなと思います。

実際、デザイン領域はグラフィックやプロダクト的なものから空間、建築、教育、コミュニティ、ソリューション創造などソーシャルな部分まで広がっています。ただ、いずれも「ある目的に向けて解を創出し、その価値を伝えること」として共通し、本質的に未来・問題解決と関係しています。

僕が挑戦していきたいのはこのデザインです。”目的”という課題を見つけるところから、それを達成するソリューション提案、そしてエンドユーザーまで届けるところまで。この全てを一貫して挑戦し、価値創造を実現したいと考えていました。

 

これが就職活動のフィールドとして東京を選んだ大元の理由です。

 

業界・業種について

さて、ではこのデザインを実践していくためには、どのような業界・業種がいいのか。

 

選ばれたのは、コンサルタントでした。

 

f:id:xxxInsomniaxxx:20190520180633j:plain

 

 

なぜかというと、僕が尊敬している社会人の方のほとんどが、コンサル業務に関わっていたからです(笑)

 

もちろん、他にも理由はあります。メーカーや商社など、デザインに挑戦できる業界は多々あります。ただ、それらの業界はどうしてもトップダウンであったり、川上から川下工程の全てに関わるのは難しいのではないかという偏見が先行していました。メーカーは専門が縛られたりしていて、もっと多様な製品やサービスに関わりたいと思ったし、商社は事業領域が広すぎて企業分析がめんどくさいと思ったり…。

あと、営業(特に飛び込み営業)はやりたくない。

 

ただ、リクナビマイナビなどの就職情報サイトに乗っているコンサル会社のほとんどは経営・人材・ITなどがほとんどでしたね。そのため、自分が一番やりたいことに近い業種は経営かな?っと思って、気楽な気持ちで就職活動を進めていました。

 

そして外資・日系の両方のコンサルタントファームに注目し、最終まで進んだところもありましたが、辞退しました。

あ、交通費を負担してくれる企業様は最後まで挑戦します…(小声)

 

気持ちの変化

さて、勘がいい人は既に気づいてると思いますが、

 なぜ就職活動をやり直すのかと言うと、別に経営コンサルタントをやりたいわけじゃないんだよね…(笑)

 

面接で、なぜコンサル業界なのか、コンサルタントになってどうしたいのか、今後のキャリアビジョンは?とかを聞かれる度に、心にも思っていないことを言ってきましたが、ついに我慢の限界ですね。

 

別に経営者に直接関わることを魅力的に感じてるわけではないし、企業そのものの課題を解決したいと考えているわけではない。

それに、経営課題を間接的に解決すると言うよりも、現場で生じている課題を直接的に解決することを目的においた方が、結局は当人にも戦略的思考が身について企業業績に貢献しやすいのではないか、という考えに安直ながらも至ったことですね(一個人の意見です)

もちろん就活中に出会った経営コンサルタントの方達も豊富な知識量と鋭い分析力を持っていました。ただ、企業のトップ層よりも、企業の中のチームの一つ一つに深く入り込んでいきたい。企業の中で活躍している人材や、一つのプロジェクトが目指す世界やビジョンを阻む課題解決に関わっていきたいと思っています。

 

つまり、経営コンサルタントとして働く自分の姿を想像できなかったわけです。

じゃあ、もうやめちゃえ、と。

 

今後の就職活動はどうするのか

僕が考えるような広義デザインに挑戦している会社のほとんどって、リクナビマイナビに登録していなかったり、新卒採用をしてないんですよね。だから、高知でゼミやインターンシップでお世話になっている方々を頼りまくったり、「wantedly」に登録したりして、デザイン会社を洗っていました。

 

 

でも、やっぱり広告業界がほとんど。大手広告代理店や印刷会社や傘下グループでもデザインに挑戦できますが、デザインファームとして、デザインコンサルタントとして、潜在的課題/欲求を本質的に解決する商品開発やイノベーション創造に関わっていきたいなと思っています。

ブランド戦略とかSPをやっているところで、BtoC或いはBtoBtoCとして商品開発にも関われるところかな…

 

ただ、運良くコンタクトを取れた会社も、ポートフォリオ提出が必須っていうところばかりなんですよね。今まで作品なんか作ってないから種がないし、ポートフォリオの作り方自体もわからない。美大の人のポートフォリオを見せてもらったけど、やっぱりよく分からない。

いままで実習や外部の活動もしてきたけど、それをポートフォリオ化するには、どうしても企画書とかPM計画書みたいになる。はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

っていうのが今の状況です。

色々とアドバイスください(迫真)